親ケアニュースの森 新着情報

2008年05月13日

【すごいぞ日本】ファイルIII 心やさし(2)

  パロと触れ合ったお年寄りはストレスが減少することが、
  ホルモンの測定で確認された。認知症患者では、
  情緒の安定化や脳機能の改善がみられる。

そのうち、ロボット・セラピーの費用も助成の対象となるかも。
って言うか早くなってほしいなぁ。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

【訪問介護の今(上)】“窃盗天国”招いた業界の「開き直り」

  「ヘルパーによる窃盗は日常茶飯事だった」。
  こう明かすのは、都内の中心地域を統括していた
  コムスンの元社員。元社員は「担当していた5年間に、
  100件以上の窃盗事件があった。全体で2000人いる
  ヘルパーのうち、5%が犯行を行っていた計算になる」
  とも打ち明ける。

介護福祉士としてのモラルじゃなく、
人間としてのモラルの問題ですよね……。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

女の気持ち・男の気持ち 白もくれん 岩手県奥州市・阿部靖(無職・62歳)

  悔いは残したくない、後悔はしたくない、との一心で
  妻と2人で私の母の介護と看病を続けてきました。
  しかし昨年の7月81歳でいざ亡くなってしまうと、
  いかに尽くしたとしても最後は一抹の悔いが残るものだと
  改めて思い知らされたのです。

現在介護を行っている自分にとっても、
深く考えさせられるひと言。
とりあえず、今できることをやるだけですが。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

認知症女性を家族に無断で入所させ、預金引き出しの施設が指定取消!

  市の調査によると、理事長が認知症の女性が2006年4月に
  入居する際、妹や甥がいるにもかかわらず、身寄りが無く、
  自分を身元引受人とする契約書を偽造した。その後、
  理事長は、女性名義のキャッシュカードを使用し
  2007年1月〜4月に約500万円を引き出したとみられ、
  市では業務上横領で警察へ告発状を提出した。

福祉や介護を自らの仕事としている人が
こういうことをやっちゃうと、
何を信用して良いのかわからなくなっちゃうなぁ。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

高齢者の食事支え15年 遠野のボランティア団体

  栄養バランスが取れた食事を提供し、
  配達時の見守り活動で地域安全にも一役買っている。
  関係者は「息の長い活動にしたい」と
  決意を新たにしている。

遠距離の在宅介護をやっている頃、
配食サービスには本当にお世話になりました。
あるときなんか、親が自宅で倒れているのを発見して、
地元のかかりつけのクリニックまで連絡してくれるなど、
命の恩人といっても過言ではありません。
関係者の方々が言われるように、こうしたボランティアは、
末永く続けていってほしいですね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

宮崎市:より身近に細かく 高齢者相談窓口、16カ所に

  宮崎市は今年度から、地元に根差した高齢者の
  総合相談窓口「地域包括支援センター」を
  7カ所から16カ所に増やした。
  同市介護長寿課は「老化予防や身の回りの相談に、
  より細かく応じる体制にしたい」としている。

多くの地方自治体が福祉予算を
少しでも抑えようとしているなかで、
こうした姿勢はすごく貴重。
まずは、身近に相談できる場所があるってことが、
何か困ったことがあったときの支えになるもんね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

厚労相、09年度に介護報酬引き上げ方針

  舛添厚労相は過去に母親の介護を担った経験を
  引き合いに出し「家族による介護は限界だ」と指摘。
  介護保険制度を充実させることが重要との認識を示した。

基本的には賛成だけど、介護保険料を引き上げる前に、
税金の無駄づかいを止めることから手をつけてほしい。続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

鹿笛:統合失調症の妻(当時61歳)を絞殺した男(67)に… /奈良

  男は、結婚後に発症した妻を30年以上も
  介護し続けたという。妻が通院や投薬を拒否すれば、
  薬を取りに行き、ばれぬよう食事に混ぜた。
  殺害を決意するのは、
  自分が末期がんで余命わずかと診断された昨年12月。
  「妻より先に死ねば、親族らに迷惑をかける」
  と悲観し、自分も死のうとした。殺人を肯定できないが、
  男にはやむにやまれぬ事情があった。

なんて言うか、愛情なんて言葉で語れないようなものが
あったんだろうなぁ。
最後に手にかけるときに、何を思ってたんだろう……。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

“脱行政頼み”へ川根の住民始動 1日、島田と合併

  同会は川根らしい行事やイベントを継承、発展させ、
  まちづくりを進めようと昨年9月に発足した。
  手探りの活動を経て「町にお金をもらい、
  おんぶにだっこでやってきたことを痛感した」
  と白滝会長。会費制や規模縮小なども検討し、
  行事を守り続けたい考えだ。

苦労も多いと思うけど、地元の行事を望む人がいる以上、
一人ひとりの力を合わせて取り組みしかないんだろうね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

きたろう体操で介護予防楽しく 6市町一堂に

  境港市の鬼太郎音頭に合わせて作られた
  「きたろう体操」は動作の数が少なく、
  座ってもできるのが特長。
  参加者は、鬼太郎がげたを飛ばすポーズを
  モチーフにした片足立ちなど、
  ユニークな振り付けを楽しんでいた。

運動ってのは、楽しみながら継続できるのが一番。
こういうアイデアなら、大歓迎です。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。