親ケアニュースの森 新着情報

2009年07月22日

介護:「なんくるないさ」島さん趣味生かし料理本作製

  国頭村辺土名に住む島曙美(あけみ)さん(74)が、
  病に倒れた夫・稔さん(80)の介護を通して培ってきた
  沖縄料理のレシピをまとめた料理本をこのほど作製した。
  本には曙美さんの9年間の介護体験もつづられている。
  曙美さんは「つらいこともたくさんあったが、
  介護は楽しんでやらないと駄目。
  料理を作る楽しみは介護とまったく同じ」と話した。

あぁ、こういう考え方って良いなぁ。
「夫婦の絆」の強さが、記事全体から伝わってきます。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

インタビュー:特別養護老人ホーム明生園園長・熊谷茂さん /岩手

  介護の基本単価を大幅に上げる必要があります。
  介護費用のほとんどが人件費です。
  せめて今より施設に入る金額を
  全体で1割アップしてもらいたいと思います。
  介護保険制度でない、どこでも誰でもが必要な時に
  使える仕組みに変えるべきと思います。

さすがに現場の人が言うと、説得力がありますね。
本当に、その通りだと思います。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

【ゆうゆうLife】読者から 介護は相談が大切

  自分が病気になり、これまでのような1人相撲はよくないと
  再確認しました。これからは介護について、
  人に相談するようにしていきたいです。

まさに、「我が意を得たり」の感じですね。
介護について一人で抱え込むと、
押しつぶされそうなプレッシャーを受ける場合がほとんどなので、
誰もが当たり前のように「相談」を行うようになってほしいです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

家族が危ない:シリーズ介護・第2部/5止 女性の声が英国変えた

  英国ではこうした団体が各地で支援のネットワークを
  張り巡らせている。当事者の声を受け、
  政策提言する市民団体「ケアラーズUK」の
  エミリー・ホルツハウゼンさん(39)は
  「介護者は家族の介護を休んでしまうことに
   罪悪感を抱いてしまいがち。でも長く続けるには、
   きちんとした休息が必要」と話す。

介護者をサポートするこういう団体が、
日本でももっと増えてほしいですね。
行政・事業者・ボランティアなどが
シームレスに連携できるような仕組みができることを願います。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

家族が危ない:シリーズ介護・第2部/4 「私がやらねば」支援拒み

  家族会や相談窓口を設けても、本当に深刻な人は自分からは
  頼ってこない。「自分がやらなければ、と抱え込み、
  なかなか家族の扉を開いてもらえない」と土屋さんは言う。

こればっかりは難しい問題だなぁ。
「人に頼ることの大切さ」を一生懸命伝えていくしかないのかも。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

家族が危ない:シリーズ介護・第2部/3 貯蓄崩さず生活できた

  家で介護をするために仕事をやめる。経済的にきつくなる。
  「家族の苦労に報いたい」と、高齢化の進む過疎の村が
  全国で初めて介護保険の特例を使い、
  在宅介護をする家族に現金を給付してほぼ1年になる。

厚生労働省のコメントは想像通りのものですね。
在宅介護を推進するなら、
そのためのサポート策にもっと積極的になってほしいです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

家族が危ない:シリーズ介護・第2部/2 苦労した母、私が大事に

  「下の世話」も想像を絶した。
  汚れた尻をふいて暴れられた時は、思わず手を上げた。
  介護殺人のニュースを見るたびに
  「一歩間違えば自分も向こう側に行っていたかもしれない」
  と振り返る。

この気持ち、よくわかります。
って言うか、正直な話、私も同様の経験があります。
「自分が何とかしよう」と思えば思うほど、
うまくいかない状況に苛立っちゃうんですよね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

【ゆうゆうLife】独身息子の母介護(4)仲間と共に「幸せ」かみしめ

  不器用な独身息子らが、母の在宅介護を楽しんで続けるには、
  同じ介護経験を持つ仲間との交流が欠かせません。
  全国には、介護で悩んだときに相談できる家族会が多数あり、
  最近は独身息子らの参加も目立っています。

介護のつらさを一人で抱え込むと、
多かれ少なかれ悲劇の元となってしまうもの。
お互いに悩みを共有したり、
経験者からアドバイスをもらうことで
どれだけ心が軽くなることか。

「誰かに相談する」ことの大切さを、多くの人に知ってほしいですね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

【ゆうゆうLife】独身息子の母介護(3)年金あてにし、虐待も

  聡さんはパチンコなどに通い詰め、お金がなくなれば、
  和子さんに要求する。応じないと、怒鳴ったり殴ったり…。
  和子さんは昨年、こわごわ「今月はお金がない」と伝えた。
  すると、怒って首を絞められた。
  「手加減できなくなっている感じで怖い」。

80歳を超え、介護が必要な母親に寄生する50代の息子。
なんか切ないなぁ……。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

【ゆうゆうLife】独身息子の母介護(2)働き盛り、伝わらない情報

  働き盛りの独身男性が、介護を始めた当初のストレスは
  相当強いとされます。思うように介護できず、
  カッとなって殴ってしまったり、殺害に至ることも。
  不足しがちなのは介護サポートの情報。
  しかし、仕事に専念してきた独身男性らに、
  どう伝えれば良いのでしょうか。

私が「親ケア.com」をやっているのは、
まさに、役に立つ介護情報をひとりでも多くの人に届けるため。
「知っている」と「知らない」では、天と地ほどの違いがあります。
もっともっと頑張って情報を伝えていきたいと、改めて思いました。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。