親ケアニュースの森 新着情報

2008年05月30日

高齢の母親を踏んで死亡させた男に懲役6年

  村越裁判長は判決理由で、暴行は2006年から
  日常的に行われていたと認定。
  「長年二人で暮らしていた最愛の息子に暴力を
   振るわれた心情を思うと痛ましい」と述べた。

暴力に至った経緯や状況がわからないのでアレだけど。
仮に認知症になったとしても、
人としての感情がすべて失われるわけではないので、
この亡くなったお母さんは辛かっただろうなぁ……。

高齢の母親を踏んで死亡させた男に懲役6年





高齢者虐待―実態と防止策 (中公新書)
小林 篤子
中央公論新社
2004-07


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。