親ケアニュースの森 新着情報

2008年05月28日

医者が受け取る「姥捨て報酬」

  退院が難しい後期高齢者に退院支援計画を作り、
  退院させた医者には『後期高齢者退院調整加算』として
  報酬1000円。また、末期がん患者などが安心して
  在宅療養できるよう、在宅医師らと共同で
  指導した場合は『退院時共同指導料』として
  最大2万3000円が入る。
  『支援』『指導』と聞こえのいい言葉を使っているが、
  要するに病院からの追い出し報酬です。
  終末期相談だけを凍結したところで、焼け石に水です

なんかもう、言葉だけ奇麗に取り繕っているあたりが、
余計に頭にくるよなぁ……。

医者が受け取る「姥捨て報酬」





母に歌う子守唄 その後 わたしの介護日誌
落合 恵子
朝日新聞社
2008-02-07


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。