親ケアニュースの森 新着情報

2008年05月08日

女の気持ち・男の気持ち 白もくれん 岩手県奥州市・阿部靖(無職・62歳)

  悔いは残したくない、後悔はしたくない、との一心で
  妻と2人で私の母の介護と看病を続けてきました。
  しかし昨年の7月81歳でいざ亡くなってしまうと、
  いかに尽くしたとしても最後は一抹の悔いが残るものだと
  改めて思い知らされたのです。

現在介護を行っている自分にとっても、
深く考えさせられるひと言。
とりあえず、今できることをやるだけですが。

女の気持ち・男の気持ち 白もくれん 岩手県奥州市・阿部靖(無職・62歳)





認知症介護びっくり日記 (介護ライブラリー)
高口 光子
講談社
2008-04-26


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。