親ケアニュースの森 新着情報

2008年04月24日

コムスン譲渡<上> 訪問介護 綱渡りの事業継承

  事業所指定打ち切り処分が決まった昨年六−七月までの
  二カ月間で、二万四千人(昨年四月時点)いた
  コムスン職員のうち三千五百人が退職した。
  訪問介護利用者も、六−七月に他事業者に乗り換える
  などして、約六千四百人が利用をやめた。

訪問介護と施設の違いはあるけど、
事業継承後も大半の職員が残っている、
うちの両親が世話になっているグループホームは、
本当に恵まれているなぁって思いました。

コムスン譲渡<上> 訪問介護 綱渡りの事業継承





福祉革命―介護時代を創造する「コムスン」の意志
鶴蒔 靖夫
IN通信社
2000-12


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。