親ケアニュースの森 新着情報

2008年03月26日

なぜ増えている?アルツハイマー型認知症

  「人生50年」だった江戸時代の頃には、
  アルツハイマー型認知症になる確率は
  1万人に1人くらいだったと想像されます。
  今は、85歳以上の4人に1人です。
  医学が発達して長生きできるようになったおかげで、
  認知症の患者さんが増えたといって良いでしょう。

「元気で長生き」「ボケずに長生き」ってのは、
大昔からみんなの憧れだったもんね。
医学の進歩ってヤツにももう少し頑張ってもらって、
近い将来、アルツハイマーもサクッと治るように
なってほしいなぁ……。

なぜ増えている?アルツハイマー型認知症





アルツハイマー・ワクチン―認知症予防・治療の最前線 (シリーズCura)
田平 武
中央法規出版
2007-07
関連商品:アルツハイマー病にならない! (朝日選書827) (朝日選書 (827)) (朝日選書 (827))
関連商品:アルツハイマーを知るために (新潮文庫 さ 61-1)
関連商品:認知症がはじまった?―アルツハイマー初期の人を支える



posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。