親ケアニュースの森 新着情報

2008年02月25日

ラベンダーが、認知症患者の異常行動抑制に効果。

  アロマセラピーを行ったグループでは、幻覚や妄想、
  はいかい、攻撃的言動、ケアへの抵抗などの
  精神行動異常を示す指数(10の症状を総合的に
  評価)が、アロマセラピー実施前が平均31だった
  のに対し、実施後は18にまで低下した。

良い花の香りを嗅ぐと心が安らぐのは、
人として自然なことなのかも。
これ、じっくりと研究する価値があるような気がするなぁ。

ラベンダーが、認知症患者の異常行動抑制に効果。





こんなときどうする?アロマセラピーケアガイド―実例付き!家庭でできる症状別ケア
楢林 佳津美
ブラス出版
2002-01


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。