親ケアニュースの森 新着情報

2009年07月19日

特養 介護職員が“違法”吸引 法と現実 大きなズレ

  「夜、たんが絡まって苦しんでいる人に
   『看護師が来るまで、待って』とは言えない」。
  愛知県の特養で働く女性介護職員は、苦しい胸の内を明かす。

国が分業を徹底させるつもりなら、
多くの看護師が宿直できるようにルールの整備を行い、
それとともに給付を行えば良いのに。

金を出さずに、規制だけかけている現状は、
あまりに現場の姿を見ていないと思います。

特養 介護職員が“違法”吸引 法と現実 大きなズレ





出口のない家―警備員が見た特別養護老人ホームの夜と昼
小笠原 和彦
現代書館
2006-07
コメント:非日常もやがて日常化してしまう危うさ
コメント:いつか行く道
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。