親ケアニュースの森 新着情報

2009年07月10日

中年の独り身は認知症リスク高い、スウェーデン研究

  中年時代に一人暮らしをしていた人では、
  パートナーと一緒に暮らしていた人に比べて
  認知症リスクが2倍近く高いことがわかった。
  また、中年時代に夫と死別または離婚して
  その後一人暮らしをしていた人では、
  認知症リスクが約3倍に跳ね上がった。

すごく単純に考えても、家で独りだと会話とかが少ないだろうし。
独身の人は、なるべく誰かと接触して、
積極的に社会と関わるべきなんでしょうね。

中年の独り身は認知症リスク高い、スウェーデン研究





posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。