親ケアニュースの森 新着情報

2009年07月08日

【入院 入所の裏ワザ】(5)脚光浴びる高専賃

  高齢者の居場所として高齢者専用賃貸住宅(高専賃)が
  脚光を浴びています。管理人がいたり、バリアフリーだったり、
  緊急通報のサービスがあるところもあります。
  施設ではなく、あくまでも「家」ですから
  医療保険や介護保険の在宅サービスが利用できます。

高専賃は、有料老人ホーム以上にピンキリなので、
入居前にしっかり調べておかないと、
取り返しのつかないことになる場合も。

あまり嬉しいことではないけど、
先々、要介護度が高くなった場合を想定して、
高専賃や老人ホームを選ぶことをオススメします。

【入院 入所の裏ワザ】(5)脚光浴びる高専賃





高専賃+小規模型介護―高齢者介護を変える 登場!ケア付き住宅の本命 (TN選書 1)
浅川 澄一
筒井書房
2007-08


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。