親ケアニュースの森 新着情報

2009年07月01日

最も怖い「認知症」治療最前線

  ぼけ予防協会が去年まとめた報告書によると、
  認知症の専門医が患者を治療した結果、
  3分の1以上の人が大きく改善され、
  症状を「わずかに軽減できた」まで含めれば
  9割以上の人が改善されたという。
  しかもこうした患者の多くには、
  前にかかっていた医師があり、その診療科の半数以上は
  認知症治療を専門とすべき精神科や神経内科などであった。

多くの医師は、認知症治療についての知識を
もっと学ぶべきですよね。

最も怖い「認知症」治療最前線





家族のための<認知症>入門 (PHP新書)
中島 健二
PHP研究所
2006-08-17
コメント:読みやすく確かな知識は得られる
コメント:読みやすい
コメント:同業の医師にも薦めます。
コメント:はやくこの本に出会いたかった。
コメント:わかりやすかったです


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。