親ケアニュースの森 新着情報

2009年06月22日

残業月113時間、脳内出血…元ケアマネが賠償提訴へ

  矢島さんは06年5月、特養ホームに併設された
  居宅支援事業を新規に立ち上げる際の責任者となり、
  実質1人でケアマネ業務を担当、
  特養職員への研修計画立案など他業務も兼任していた。

確かに適正な人員配置ができなかったのは、
組織の過失が大きいですね。
ただ、絶対的な介護給付の少なさにも、
問題があるような気がしてなりません。

残業月113時間、脳内出血…元ケアマネが賠償提訴へ





ケアマネ白書―現場の声が介護保険を変える
よりよい介護をめざすケアマネジャーの会
日本機関紙出版センター
2009-05-18


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。