親ケアニュースの森 新着情報

2009年04月28日

認知症の悩み「110番の家」で 南丹・八木中心に広がり

  福祉施設での実習などを通して
  認知症について学んだ住民が、
  近くの患者や家族から症状や
  介護に関する相談に乗る取り組み
  「シルバー110番の家」が、
  南丹市八木町を中心に広がりつつある。

これ、ものすごく良い取り組みだなぁ。
介護については、
「いつ、誰に何を相談してよいか」がわからなくて
困っている人がすごく多いので、
こういうわかりやすい「相談所」の価値は高いと思います。

認知症の悩み「110番の家」で 南丹・八木中心に広がり





認知症の知りたいことガイドブック―最新医療&やさしい介護のコツ
長谷川 和夫
中央法規出版
2006-04
コメント:とてもよい本
コメント:具体的でとってもわかりやすい、こんなガイドブックがほしかった。


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。