親ケアニュースの森 新着情報

2009年03月20日

家族が危ない:シリーズ介護・第2部/3 貯蓄崩さず生活できた

  家で介護をするために仕事をやめる。経済的にきつくなる。
  「家族の苦労に報いたい」と、高齢化の進む過疎の村が
  全国で初めて介護保険の特例を使い、
  在宅介護をする家族に現金を給付してほぼ1年になる。

厚生労働省のコメントは想像通りのものですね。
在宅介護を推進するなら、
そのためのサポート策にもっと積極的になってほしいです。

家族が危ない:シリーズ介護・第2部/3 貯蓄崩さず生活できた





親の入院・介護に直面したら読む本
長岡 美代
実務教育出版
2006-08


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。