親ケアニュースの森 新着情報

2009年03月05日

介護保険:殺人防げず 利用中発生、昨年約半数 家族負担重く−−毎日新聞調べ

  家庭内での高齢者虐待は年間1万件を超え、
  介護うつも深刻化している。背景には急速な少子高齢化で
  家族の介護力が一気に低下していることがある。
  そのスピードに施策が追いついていない。
  行政は介護政策を施設から在宅重視へとシフトする一方、
  同居家族がいる人のヘルパー利用を制限している。

原因は明確。
「地域全体でサポートする体制作りを」なんて言いながら、
実際には家族にほとんど押しつけて、
細かいケアをしないからだよね。
いつも書いてることだけど、抜本的な改革が必要だと思うなぁ。

介護保険:殺人防げず 利用中発生、昨年約半数 家族負担重く−−毎日新聞調べ





介護殺人―司法福祉の視点から
加藤 悦子
クレス出版
2005-02
コメント:他人事ではない未来に


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。