親ケアニュースの森 新着情報

2009年01月31日

高齢ドライバーの事故倍増 県警、家族に協力呼び掛け

  県警によると昨年、高齢ドライバーが原因の事故は
  四千五百八十七件。全体の一割を上回っているという。
  とりわけ最近目立つのは、高速道路を逆方向に走行する事案。
  昨年、五十九件発生し、運転手が確認できた十件のうち
  六件が高齢者で、いずれも認知症の傾向があったという。

私自身、国道の対向車線を爆走する父の運転で
死ぬかと思ったことがあります。
地方の場合、車がないと生活が難しい場合も多いですが、
あくまで安全あってこそ。
ホームヘルパーに頼めることは頼むなど、
なるべく高齢者自身が運転しなくて良いようにしないと……。

高齢ドライバーの事故倍増 県警、家族に協力呼び掛け





高齢者運転マーク(2枚セット) マグネットタイプ KH-05


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。