親ケアニュースの森 新着情報

2009年01月27日

「介護人気」に潜む危うさ 雇用の受け皿になるのは不況期だけ?

  失業者が介護職に向かう背景には、
  介護業界の慢性的な人手不足がある。
  2007年度の有効求人倍率を見ると、
  全職業の平均が0.97倍なのに対し、
  介護関連職は2.1倍と高い水準だ。

介護ニーズが拡大しているのは事実だけど、
介護職の人が一つの職場に定着しない(できない)からこそ、
こんなに求人倍率が高いんだよね。

景気に左右されない魅力的な職場にしていかないと、
明るい未来はないと思います。

「介護人気」に潜む危うさ 雇用の受け皿になるのは不況期だけ?





楽しくなければ介護じゃない!―介護職を始める人の必須読本
五味 常明
ハート出版
2003-05
コメント:介護の「心」を理解するための必読書!
コメント:私はこの本で光がさし方向性が見えた!!
コメント:初心者介護者も、ベテラン介護者も・・・・。
コメント:楽しんで読めました
関連商品:介護実習安心ガイド―予備知識、記録・プラン、技術Q&A 実習生の悩みを解決!! (ケアワーク・スキルアップ)


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。