親ケアニュースの森 新着情報

2009年01月03日

すきな人と、すきなところで、くらし続けたい

  「すきな人と、すきなところで、くらし続けたい」
  という高齢当事者の切実な思いにこたえるのは
  医療行為より介護、ケアだ。
  彼らの日常を支えているのは家族、
  そして家庭を訪問して細やかな相談にのるケアマネジャー、
  保健師たちなのである。

こういう当たり前のことに気がつく医師って、
すごく少なそうな気がします。
日常的な家族の苦労って、
当事者以外はなかなかわからないんですよね。

すきな人と、すきなところで、くらし続けたい





正々堂々がんばらない介護
野原 すみれ
海と月社
2005-08
コメント:目からうろこのがんばらない介護
コメント:こころがラクになりました。


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。