親ケアニュースの森 新着情報

2008年11月28日

【ゆうゆうLife】介護 特養で看取るには(下)最後は家族の意向反映

  東北学院大学の岡田耕一郎教授は
  「病院ではなく、施設で看取るという考え方が
  社会で共有されていないことが背景にある」とした上で、
  (1)そもそも本人からの看取りの確認が不十分
  (2)急変時に家族の気持ちが揺れ動く
  (3)親族内での意見が統一されない
  −などの事情があると分析する。

まだ元気なうちに、最期のときをどう迎えるかを真剣に考え、
それを周囲の人間と一緒に実行する。
わかってはいるけど、とても難しい問題だよなぁ。

【ゆうゆうLife】介護 特養で看取るには(下)最後は家族の意向反映





母を看取るすべての人へ―在宅介護の700日 (朝日文庫)
森津 純子
朝日新聞社
2000-05


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。