親ケアニュースの森 新着情報

2008年11月06日

現状は在宅介護68%、今後は施設希望が過半数――オリックス・リビング調査

  介護形態に関する項目では、
  現状は在宅介護が68.1%だったが、
  今後、自分が介護される立場になった場合は
  介護施設への入所を希望する人が50.8%と、
  過半数が在宅より介護施設での介護を希望した。

「50%も」と見るか、「50%しか」と見るかは、
考え方によって違うんだろうなぁ。
多くの有料老人ホームが、
あまりに高額すぎるのも庶民にはつらいところだけど。
現状は在宅介護68%、今後は施設希望が過半数――オリックス・リビング調査





介護施設にだまされるな! ―かかる費用と選び方がわかる
窪田 望
ダイヤモンド社
2007-10-13


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。