親ケアニュースの森 新着情報

2008年11月04日

御坊市通所型介護予防事業利用者ゼロ

  将来は介護認定を受ける可能性が高いと言っても
  現時点では元気な人がほとんどのため
  「病人と決めつけられるのはいや」
  「なぜ特定高齢者に選ばれなあかんのか」
  「筋トレやってなんになるのか」と抵抗感が大きいという。

「介護予防」という言葉自体のわかりにくさや、
複数の意味を持ってしまっている現状を改めないと、
仏つくって魂入れずになっちゃうよなぁ。
「末永く健康でいてもらうための事業」なんだってことを、
国や大手メディアが協力して、もっとアピールしていかないと。

御坊市通所型介護予防事業利用者ゼロ





介護予防コーディネーションの考え方―プランもOK! (ビジュアル版介護予防マニュアル)
小島 基永
ひかりのくに
2006-05


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。