親ケアニュースの森 新着情報

2008年10月04日

【連載】支えたいのに 介護現場は今 読者の声 利用者不安、家族も複雑 現場の熱意に応える環境を

  佐賀県鳥栖市の要介護4の男性(87)は「毎日が戦々恐々」
  という。自分は寝たきり。妻は脳こうそくで2回倒れ、
  要介護1。1日3回ホームヘルパーが来るが
  「ヘルパーがどんどん辞め、ケアマネジャーが
  新たな事業所を探すのが大変。朝晩と昼では異なる事業所の
  ヘルパーが来る」と不安な日々を送る。
  「ケアマネジャーも市役所もヘルパー探しに奔走している。
  このままでは認定を受けても利用できない
  “介護浪人”になるのでは」

必要な介護が、必要なときに受けられない。
こんな状態が良いはずないよね。

【連載】支えたいのに 介護現場は今 読者の声 利用者不安、家族も複雑 現場の熱意に応える環境を





「愛」なき国 介護の人材が逃げていく
NHKスペシャル取材班
阪急コミュニケーションズ
2008-07-31


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。