親ケアニュースの森 新着情報

2008年09月26日

【連載】支えたいのに 介護現場は今<3>限界 マイナス報酬、経営窮迫

  介護は、人と人のふれあいでしか成り立たない。
  だから人を大切にしたい。介護施設の人件費率は
  60−65%以下でないと経営は厳しいとされるが、
  正雄の法人は69%。給料も高く、職員配置も国の基準より
  手厚くしている。「国の基準通りにやっていたら忙しすぎて
  職員が辞め、サービスの質が落ちてしまう」と
  確信しているからだ。

国の基準って、何を根拠に決められてるんでしょうか?
これまでにもいろんな施設を見てきましたが、
職員の人数が十分と感じたところなんて、一つも無いんですが。

【連載】支えたいのに 介護現場は今<3>限界 マイナス報酬、経営窮迫





「愛」なき国 介護の人材が逃げていく
NHKスペシャル取材班
阪急コミュニケーションズ
2008-07-31


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。