親ケアニュースの森 新着情報

2008年08月28日

終末期医療の在り方に高齢者の疑問続出

  厚生労働省は「在宅死」の割合を現在の2割から4割に
  引き上げようとしているが、
  多くの高齢者が疑問の声を上げている。

ターミナルケアは、ある意味最も過酷なものなので、
生半可な覚悟で在宅でやるのは無理があると思います。
在宅死の割合を高めようと本気で考えるのなら、
国も号令をかけるだけでなく、
それを実践しやすい社会資源作りに力を入れないと。

終末期医療の在り方に高齢者の疑問続出





生活の場のターミナルケア
三好 春樹
ブリコラージュ
2008-01


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。