親ケアニュースの森 新着情報

2008年08月24日

記憶が消える! その不安と恐怖

  遠からぬ将来、認知症になったとする。
  そのときわたしは、もしかしたら、ひとつひとつの記憶は
  ちゃんと保っているのではないか。それでいながら
  その思い出が、自分の人生全体のどこに、どういうかたちで
  位置しているのか、それを固定する地図のようなものを
  失ってしまうのではないか。いろいろな記憶が、
  モザイクのようになって、ちょうど夢をみるようなかたちで、
  脈絡なく脳内に散らかっているのではないか。

バラバラの記憶を本人なりにつじつまを合わせようとして、
理屈の通らないことを言ったりとか。
まぁ認知症の場合、
記憶障害以外にもいろんな問題や症状があるので、
家族の悩みも深いんだけどね。
記憶が消える! その不安と恐怖





認知症の知りたいことガイドブック―最新医療&やさしい介護のコツ
長谷川 和夫
中央法規出版
2006-04


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。