親ケアニュースの森 新着情報

2008年06月29日

ギター奏で皆を元気に 辰野の老健施設長が月1回演奏

  杉山よし子さん(89)は
  「気になることがあっても、音楽を聞くとすべて忘れられる。
   いつも一番前に来て聞くの」。
  上島早苗看護師長(54)によると、
  初めは落ち着かず静かに聞けない雰囲気があったというが、
  「今は聞きほれているよう。
   リラックス効果があるみたいです」。

高齢者向けレクリエーションの定番とも言える音楽。
ただ、この病院のように「利用者のために」という
明確な意志が伝わってくるものは、意外に少ないのかも。

ギター奏で皆を元気に 辰野の老健施設長が月1回演奏





高齢者のための音楽療法的音楽活動入門―体を動かして、楽器を使って、歌をうたって… (高齢者ふれあいレクリエーションブック) (高齢者ふれあいレクリエーションブック)
北村 英子
ひかりのくに
2003-10-01


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。