親ケアニュースの森 新着情報

2008年06月23日

崩壊する介護(7) 〜なぜ起きる介護事故〜

  実は事故報告書によって確認すると、
  福岡市内の特別養護老人ホームに限っていえば、
  平成18年4月から20年3月初旬までの間に、
  特養側に過失があると認められる重大事故は15件、
  そのうち死亡に至った事故が10件起きていた。

  先述してきたストレッチャーからの転落・死亡事故や、
  入浴中の溺水事故もこの中に含まれていた事案である。
  しかし、福岡市民にはこうした重大事故について
  全く公表されていない。保険者である福岡市が、
  こうした人命にかかわる介護事故を公表しないことは、
  被保険者(市民)に対する裏切り行為ではないだろうか。

他の自治体での情報開示はどんな感じなんでしょうか?
やっぱり、「臭いものにはフタ」なのかなぁ……。

崩壊する介護(7) 〜なぜ起きる介護事故〜





介護施設にだまされるな! ―かかる費用と選び方がわかる
窪田 望
ダイヤモンド社
2007-10-13


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。