親ケアニュースの森 新着情報

2008年06月20日

崩壊する介護(4) 〜「事故報告書」が語るストレッチャー転落・死亡事故〜

  特養「L」は中央区、そして協力病院「S」は
  城南区のはずれである。お粗末な介護サービスによって
  転落事故を引き起こしながら、遠方の病院まで悠長に
  自家用車で搬送する神経は理解に苦しむ。
  なぜこうした杜撰な、そして人命軽視の
  「介護サービス」が行なわれたのか?

徐々に核心に近づいてきた感じ。
非常に興味深く、そして考えさせられることの多い連載ですね。

崩壊する介護(4) 〜「事故報告書」が語るストレッチャー転落・死亡事故〜





介護施設にだまされるな! ―かかる費用と選び方がわかる
窪田 望
ダイヤモンド社
2007-10-13


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。