親ケアニュースの森 新着情報

2009年07月29日

発信箱:仕事か介護か=磯崎由美(生活報道部)

  そもそも今の制度は在宅介護をしながら働くためのものではなく、
  親が倒れた後で施設を探し、その後の方針を立てる
  準備期間といった趣旨のものだ。
  介護は育児と違い終わりが見えず、休み続けるわけにもいかない。
  でも先が見えないゆえに、
  介護や看護を理由に離職する人は年間15万人近くに上っている。

以前、大手会社に勤めていた頃に
「介護休業」について人事に確認したところ、
ものすごくイヤな顔をされたのを思い出しました。

介護をしながら、しっかりと働ける環境作りって
とても大切なテーマですよね。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。