親ケアニュースの森 新着情報

2009年06月28日

高齢社会での説明責任

  何に使えるか分からない商品を買う消費者はいないだろう。
  また、お客さんに便利なのか、提供側に都合がいいのか、
  よく分からないサービスもある。
  それを無理やり押し付けられるのも迷惑だ。
  日本のような高齢社会ではことさら、消費者の側に立った、
  誰にでも分かりやすい説明が問われるのである。

広告や営業の大半は、
いまだに売る側視点での情報発信だからなぁ。
地デジのように、国が音頭とってるヤツは尚更だよね。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。