親ケアニュースの森 新着情報

2009年06月23日

札幌の介護事業者、負債額2億5500万円で破産

  急激な事業拡大による資金負担の増加や、
  財政破綻した夕張市から管理運営を受託した
  「ユーパロの湯」の運営悪化により資金繰りがつかず、
  事業継続を断念した。

ここ1年ぐらいの高専賃の乱立を見ると、
これからも破綻する事業者は増えてきそうな気がします。
サービスを受ける先を選ぶ際には、
介護事業を長く継続してくれる事業者かどうかも
大切な基準になるんでしょうね。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。