親ケアニュースの森 新着情報

2009年04月20日

介護職員給与1万5000円増額 待遇改善計画に交付金 厚労省

  4月からの介護報酬3%アップでも改善されない
  介護職員の給与を、さらに1人当たり月1万5000円
  引き上げるため、待遇改善計画を作成した介護事業者に
  交付金を支給するほか、高齢者の受け皿不足解消に向け、
  施設整備に対する補助金も増やす。

後手後手な気もするけど、何もしないよりはよっぽどマシ。
これまで介護報酬を削りまくってきた分についても、
以前と同様のレベルに戻してほしいとは思うけど。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

糸満市社協「傾聴」通し不安解消 独居老人対象、ボランティア派遣へ

  利用者が社協に申し出ると、2人1組の傾聴ボランティアが
  2時間以内をめどに利用者宅を訪れて話を聴く。
  訪問費用は無料。障害者やその家族の利用にも応じる。
  市社協では傾聴ボランティアも併せて募集している。

「話を聞きに家へ来てほしい」と依頼できる
高齢者ばかりではないだろうから、
家族の人たちへのアピールがすごく大事なんでしょうね。
素晴らしい活動だと思うので、ぜひ成功してほしいと思います。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

ヒノキ製「へむへむたわし」 南木曽のNPO法人が商品化

  高齢者や障害者の生活支援に取り組む
  木曽郡南木曽町のNPO法人「なぎそ福祉会」は、
  かんなでテープ状にしたヒノキを編み上げたたわしを
  5月から発売する。

こういう知恵を絞った商品で、
地域や福祉活動を盛り上げようという動きは良いですね。
ぜひ、頑張ってほしいです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

【ゆうゆうLife】介護報酬UP 職員給与や利用料は?(下)

  国光教授はケアマネジャーの手腕に期待する。
  「ケアマネは地域の助け合いサービスなど、
   安く使える自費サービスや、認知症の見守りなどの
   住民参加型サービスの情報提供をし、
   負担軽減になるプランを考えてほしい」と話している。

介護保険の制度だけですべてがまかなえるわけではないので、
こうした努力はとても大切だと思います。
ただそれでも、介護保険の財源については、
国家レベルでの無駄遣いを止めれば、
問題が解決しそうな気がしそうでならないのですが……。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

【ゆうゆうLife】介護報酬UP 職員給与や利用料は?(中)

  日本社会事業大学の藤井賢一郎准教授は
  「『加算』は『これをやれば高い報酬をあげます』という
   国の政策誘導策。3%増といっても、サービス全体を
   引き上げたのではない。加算が取れた施設、
   取れない施設で明暗が分かれる」と説明する。

介護現場の実態を考えれば、
全事業者に対して一律の介護報酬アップを行ったうえで、
重点部門に対してはさらなる上乗せをしてほしかったです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

【ゆうゆうLife】介護報酬UP 職員給与や利用料は?(上)

  「30歳を過ぎて自活できず、両親には申し訳ない。
   でも、結婚して子供が3人いる同僚も
   親にパラサイトせざるをえないと嘆いています。
   『1人2万円』は一体、どこに消えたのでしょう?」

もともと、介護報酬を削りまくってきた分、
事業者側も疲弊し切っちゃっているのは事実。
結局のところ、まだまだ介護報酬の
引き上げが足らないってことなんだよなぁ。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

介護認定「誘導」の文書作成=厚労省

  介護認定や給付の「適正化」により、
  384億円程度の介護給付費を縮減できると試算していた。

少なくとも、利用者のための「適正化」でないことは、
誰が見ても明らかだよなぁ。
なんか、悲しいです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

「老老介護」

  愛用の家具の持ち込みを認めたり、
  自炊ができるようにしたりして、
  施設に自宅と同じような生活空間をつくることができれば、
  問題も解消に向かうのではないかと思った。

多くの施設で、ある程度の私物の持ち込みは認めているはず。
要介護度との兼ね合いはあるけど、
自炊ができる高齢者向け住宅なんて、珍しくもない。
情報を発信する立場のメディアの方に、
介護現場の実情認識と、それを正しく伝えていくことを望むのは、
まだまだ難しいことなんでしょうか。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

「福祉人材相談コーナー」を主要ハローワークに設置

  厚生労働省は2009年4月8日、全国の主要54か所の
  公共職業安定所(ハローワーク)に、
  介護・医療・保育など福祉分野の職業相談を
  専門的に受け付ける「福祉人材コーナー」を設置すると発表した。

今さら遅すぎる気もするけど、やらないよりはよっぽどマシ。
次は、優秀な人材が集まりやすい仕組み作りや、
長く働きたくなる環境作りに力を入れてほしいです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

福祉ナビ:高齢者の家庭内事故を防ぐには。

  国民生活センターが全国20カ所の協力病院から
  集めた事故情報によると、
  03〜07年度に起きた高齢者の事故6569件のうち、
  住宅内(敷地内を含む)での事故は6割以上を占める。
  また、東京消防庁が07年中にけがで搬送した
  高齢者4万4558人中、約半数の2万1990人が
  家の中や敷地内で負傷していた。
  うち7割以上が居室内で、転倒が非常に多い。

本来安心なはずの自宅は、高齢者にとって潜在的な危険がいっぱい。
バリアフリー改修だけでなく、日常的に片付けを行うなど、
安全な環境作りを心がけたいものです。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。