親ケアニュースの森 新着情報

2009年03月25日

若年性認知症:10万人当たり47.6人 厚労省調査

  推定発症年齢の平均は51.3歳。
  原因となった疾患は▽脳血管性認知症39.8%
  ▽アルツハイマー病25.4%
  ▽頭部外傷後遺症7.7%−−などだった。

脳血管性の場合、不穏状態になることも多いので、
高齢者に比べて体力のある若年性認知症の患者の周辺は、
ケアにいっそうの苦労を強いられるんだよなぁ。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。