親ケアニュースの森 新着情報

2009年03月07日

認知症の理解、ゲームで深める 丹波の小学校

  児童はじゃんけんに負けると「家族」「友達」などと
  自分の大切なものを書いたカードを一枚ずつ失うゲームを体験。
  職員が「認知症は脳の機能が縮小し、
  捨てたくなくても大切なものを失います」と、
  記憶を失っていくことの不安や怖さを伝えると、
  真剣な表情で聞き入っていた。

これはわかりやすいなぁ。
あとは認知症になった人との付き合い方、サポートの仕方などを
しっかり伝えられれば、やさしい子どもたちが育ちそうな気がします。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。