親ケアニュースの森 新着情報

2009年02月19日

身体機能・起居動作−09年度要介護認定の改定概要(2)

  「能力」を調査する項目では、「支えなしでできる」
  「何か支えがあればできる」「できない」といった選択肢で
  構成される。調査対象者に実際に動作などを行ってもらった
  状況と、聞き取りをした日ごろの状況が異なる場合には、
  実際の状況から選択を行うほか、日ごろの状況との違いや
  選択した根拠などを「特記事項」に記載するよう求めている。

調査員の人の責任って大きいよね。
特記事項に記す際の判断基準をどのように標準化するかってのは、
まだまだ課題として残されそうだし。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。