親ケアニュースの森 新着情報

2009年02月18日

認定調査の留意点−09年度要介護認定の改定概要(1)

  「介助の方法」は、具体的に介助が「行われている」か
  「行われていない」かで評価するもので、
  「できる」か「できない」かといった
  個々の行為の能力を評価するものではなく、
  実際に行われている介助を把握することが目的で、
  主観的な介助の必要性から選択するものではないと説明している。

理屈はわかるけど、やはり家族がしっかりと立ち会って、
「特記事項」として記載してもらう部分は押さえておかないと
いけないだろうなぁ……。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。