親ケアニュースの森 新着情報

2009年01月27日

「介護人気」に潜む危うさ 雇用の受け皿になるのは不況期だけ?

  失業者が介護職に向かう背景には、
  介護業界の慢性的な人手不足がある。
  2007年度の有効求人倍率を見ると、
  全職業の平均が0.97倍なのに対し、
  介護関連職は2.1倍と高い水準だ。

介護ニーズが拡大しているのは事実だけど、
介護職の人が一つの職場に定着しない(できない)からこそ、
こんなに求人倍率が高いんだよね。

景気に左右されない魅力的な職場にしていかないと、
明るい未来はないと思います。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。