親ケアニュースの森 新着情報

2008年12月03日

【ゆうゆうLife】介護 ひとりでも自宅で 暮らしのお金の管理(下)

  日常生活自立支援事業の利用が難しくなれば、
  成年後見制度への移行が望ましいが、
  2つは結びつきにくい。成年後見には、手続きを開始する
  「申立権者」が必要だ。一方、日常生活自立支援事業は
  家族のいない利用者が多く、申立権者が身近にいない。
  市区町村長が申し立てる制度があるが、
  多くの自治体は家族の問題に介入するのを避けたがる。

運営者や成り立ちが違うのは百も承知ですが、
やはりこの2つの制度はシームレスで
連動できるようになってほしいです。
利用者第一の視点での制度改革、期待したいなぁ……。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。