親ケアニュースの森 新着情報

2008年11月11日

介護保険の「夜間介護」利用伸びず 自治体施策と重複

  緊急通報サービスは、基本的に介護はしないが、
  利用者にとって「困ったときに助けを求める」
  という点で夜間介護と似ている。
  多くの高齢者が慣れや使いやすさから
  緊急通報サービスを選んでいるとみられる。

緊急連絡と夜間介護は、本来まったく別のモノなんだけどなぁ。
夜間の体位変換やおむつ交換など、
要介護度の高い人を在宅で介護する場合、
夜間介護サービスは重要な役割を果たしてくれるわけだし、
行政がやるべきなのは、各サービス内容の周知徹底だと思います。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。