親ケアニュースの森 新着情報

2008年10月24日

認知症患者「笑顔」の判別力は低下せず

  介護現場で、言葉や記憶に頼るコミュニケーションが
  難しくなっても「介護者の笑顔が相手を幸せな気持ちにし、
  しかめっ面はその逆の効果をもたらすことを
  知っておくことは重要」と話している。

笑いは人間にだけ許された特権。
いつまでも笑顔を絶やさぬように、生きていきたいもんです。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。