親ケアニュースの森 新着情報

2008年10月15日

人として当たり前のことが介護保険ではまかなえていない――日米認知症シンポ4

  認知症ケアのあり方について
  「病院で入院者に食事が出されない日はないが、
   在宅介護ではヘルパーの人員都合などでサービスが
   1日おきとなったり、年末年始などは滞ったりする。
   3食365日食事が確保されるという、人として当たり前の
   ことが介護保険ではまかなえていない」と話し、
  連続する普通の暮らしの重要性を訴えた。

これ、心から同意します。
うちの両親の場合、365日対応の配食サービスを使っていたけど、
それでも朝食は無かったしなぁ。
毎日3食、しっかりと食べられることのありがたさを
つくづくと感じます。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。