親ケアニュースの森 新着情報

2008年10月13日

まだまだ日本では病院で死ぬのが常識――日米認知症シンポレポート2

  認知症高齢者をめぐる新しいケアの形が出現し、
  日常性を継続する環境が整備されつつあるが、
  「まだ日本では病院で死ぬのが常識」と話し、
  終末期に在宅で過ごせるように医療と介護をどのように
  ミックスするかが、今後残された大きな課題とした。

自宅での看取りは、ある意味では理想なんだろうけど、
家族への負担の大きさから、なかなか難しいよなぁ。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。