親ケアニュースの森 新着情報

2008年09月04日

【脳を守る】温かく見守る脳血管障害性認知症

  脳卒中には血管が詰まる「脳梗塞」、
  血管が破れる「脳出血」と
  脳動脈にできたこぶ(脳動脈瘤(りゅう))が破れる
  「くも膜下出血」とがあります。
  脳血管障害性認知症は、3種類のどの脳卒中も
  原因になりえます。

うちの父親がまさにこれです。
20年前に脳出血、2年前に脳梗塞になり、
最近はまともに会話することもままならないほど
認知症の症状が進んでしまいました。
脳の萎縮など、アルツハイマーの症状も出ているので、
より複雑な状態なんですけどね。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。