親ケアニュースの森 新着情報

2008年09月30日

[社会] 命を食い物に 介護業界に投資する外資系ファンド

  成長産業に投資することで利ざやを稼ぐことだけが
  外資系ファンドの狙いなのだろうか。

まぁ、そもそも外資系ファンドっていうのは
そういう連中だからなぁ。
あるとき一気に株を売られて暴落しちゃうのだけは怖いけどね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

70歳以上、「2000万人」を突破

  65歳以上の高齢者全体は昨年より76万人多い2819万人。
  総人口に占める割合は昨年より0.6ポイント上昇し、
  22.1%になった。75歳以上は1321万人で、
  総人口に占める割合は初めて10%に達した。

高齢者が増える一方で、総人口は減少。
次の総選挙では、目先の利権を争うんじゃなくて、
少なくともこれから10年、20年ぐらいは先のことを考えた
政策で戦ってほしいです。どの党にも。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

【連載】支えたいのに 介護現場は今<5完>価値 一人一人どう向き合う

  利用者の家族からは、「世の中にはほかにも大変な
  仕事がある。マスコミがあおりたてるから介護現場に
  人がいなくなる」との指摘もあった。

これ、臭いものにフタをするような考え方に
思えてならないんですが。
現実の問題点を浮き彫りにしたうえで、
一人でも多くの人が解決の方向性を探ることが大事なのでは?

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

【連載】支えたいのに 介護現場は今<4>誇り 人生にかかわれる幸せ

  病院には病院の考え方がある。専門性と効率性を求め、
  「だれがかかわっても一定のケアを」とマニュアルを
  重視する。それも重要だろう。しかし幸一には
  「幸せに生きてもらいたいという目標は同じでも、
  人間と人間なんだからかかわり方は異なってもいい」と
  思えて仕方がない。そんな自分は職場で「甘っちょろい」と
  言われている。

効率性と人間らしさ。
どちらも大事なことだけど、
介護の世界では両立が難しいんだよなぁ……。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

【連載】支えたいのに 介護現場は今<3>限界 マイナス報酬、経営窮迫

  介護は、人と人のふれあいでしか成り立たない。
  だから人を大切にしたい。介護施設の人件費率は
  60−65%以下でないと経営は厳しいとされるが、
  正雄の法人は69%。給料も高く、職員配置も国の基準より
  手厚くしている。「国の基準通りにやっていたら忙しすぎて
  職員が辞め、サービスの質が落ちてしまう」と
  確信しているからだ。

国の基準って、何を根拠に決められてるんでしょうか?
これまでにもいろんな施設を見てきましたが、
職員の人数が十分と感じたところなんて、一つも無いんですが。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

【連載】支えたいのに 介護現場は今<2>翻弄 時代の流れ、でいいのか

  ホームで暮らしていたある寝たきりの老夫婦のことを、
  今でも思い出す。夫が病気になり、病院へ移ることになった。
  今生の別れと覚悟したのだろうか。どちらからともなく
  夫婦のきずなをつづった歌を歌い、「じゃあ、またね」と
  ほほ笑んだ。2人が積み重ねてきた長い人生の最後に訪れた
  穏やかな、切ない時間。千恵は介護とは、食事介助のような
  業務にとどまらず、その人の人生にかかわらせてもらうこと
  なのだ、と分かった気がした。

なんか、読んでいるうちに泣きそうになっちゃいました。
うちの両親とかぶる部分があるんですよね……。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

【連載】支えたいのに 介護現場は今<1>不安 給料13万円、相談だれに

  続けられるなら続けたい。でも結婚して子どもができたら、
  生活できるのか。一生懸命働いてこの給料。
  この仕事は社会から認められているのか。
  本来胸を張れる仕事のはずなのに、
  「自分は介護職」と答えられない矛盾に苦しんだ。

介護職の人がやりがいを持って働ける待遇が実現しないと、
介護業界の未来は真っ暗。
政治家や役人が妙な綱引きをしている場合じゃないよなぁ。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

【ゆうゆうLife】畠中雅子の家計診断夢相談 リフォームにいくら使える?

  「終の棲家は自宅」と決めつけない方が安全。
  将来、万が一介護が必要になり、要介護度が高くなれば、
  在宅では介護保険でまかなえない負担が出る
  可能性があるからです。

これ、すごく同感です。
うちの両親も自宅を終の棲家にしたがっていましたが、
病状の進んだ現在を思えば、
どう考えても無理だったなぁ、と思います。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

世界アルツハイマーデーで啓発活動 松山

  認知症の患者数は県内統計はないが、全国で現在、
  170万人と推計され、団塊の世代が高齢化する
  2015年には250万人に達するとされている。

ちゃんと診断を受けていない潜在的な患者を入れると、
もっと多そうな気もするなぁ。
いずれにせよ、これから増えることはあっても、
なかなか減ることは難しいだろうし、
他人事じゃなくなる人も多くなるんだろうね。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

被害者の56%が認知症 県内の07年度高齢者虐待

  介護疲れや認知症患者に対する接し方が分からず、
  介護放棄や身体的虐待に及ぶ構図が浮かび上がる。
  関係者は「地域での見守りや早めの相談が必要」と指摘する。

介護を家族だけで、場合によっては一人だけで抱え込むと、
かなりの確率で不幸な展開が待っているような気がします。
少しでも多くの人と悩みや課題を共有し、
いつでも助けを求められる体制を整えないと。

続きを読む
posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。