親ケアニュースの森 新着情報

2008年08月17日

遠き親へ:シリーズ介護・第1部 会社員・高木さんの場合/下

  故郷を離れた悩みは年々深くなる。でも私は東京での
  暮らしを選んだことを悔いていない。
  東京にいたからこそ、息子も娘も進みたい大学に進み、
  目指す職業に就けた。わが子の夢をかなえやすくするのは
  親の務め。親父とお袋だって、私にそうしてくれたのだ。

親の介護と自分の暮らしを両立させるのは、本当に大変。
悩んだときは「親が元気だったらどう言うだろう?」
「自分が親の立場だったら、どういう行動を取るだろう?」
といった視点から考えてみると、答えに近づけるのかも。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護インタビュー・体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。