親ケアニュースの森 新着情報

2008年05月02日

認知症女性を家族に無断で入所させ、預金引き出しの施設が指定取消!

  市の調査によると、理事長が認知症の女性が2006年4月に
  入居する際、妹や甥がいるにもかかわらず、身寄りが無く、
  自分を身元引受人とする契約書を偽造した。その後、
  理事長は、女性名義のキャッシュカードを使用し
  2007年1月〜4月に約500万円を引き出したとみられ、
  市では業務上横領で警察へ告発状を提出した。

福祉や介護を自らの仕事としている人が
こういうことをやっちゃうと、
何を信用して良いのかわからなくなっちゃうなぁ。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。