親ケアニュースの森 新着情報

2008年04月17日

後期高齢者医療制度が「現代の姥捨て山」と批判される本当の理由

  保険とは給付費の高く見込まれる人も
  低く見込まれる人も加入して成り立つ、
  つまりリスク分散が前提となる制度である。
  それなのに、後期高齢者という
  リスクの高い人びとだけを取り出して完結したら、
  それは持続可能性が低いに決まっている。
  75歳以前の前期高齢者でも障害のある人は
  後期高齢者として新制度に組み込まれるから、
  ますますリスクは高まる。

「親ケア.com」では、一貫してこの制度に
反対しているわけですが、
この記事は本質的な問題点をわかりやすくまとめています。
興味のある人は、一度読んでみることをおすすめします。
続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。