親ケアニュースの森 新着情報

2008年04月06日

鹿笛:統合失調症の妻(当時61歳)を絞殺した男(67)に… /奈良

  男は、結婚後に発症した妻を30年以上も
  介護し続けたという。妻が通院や投薬を拒否すれば、
  薬を取りに行き、ばれぬよう食事に混ぜた。
  殺害を決意するのは、
  自分が末期がんで余命わずかと診断された昨年12月。
  「妻より先に死ねば、親族らに迷惑をかける」
  と悲観し、自分も死のうとした。殺人を肯定できないが、
  男にはやむにやまれぬ事情があった。

なんて言うか、愛情なんて言葉で語れないようなものが
あったんだろうなぁ。
最後に手にかけるときに、何を思ってたんだろう……。

続きを読む


posted by 親ケア.com 管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護に関する事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。